何ができるかということを知っておいてもらうと、いざという時に相談をいただけるようになるのかな。

 夕方に先日からテレビの調子がおかしかったお客様から連絡ありまして点検にお伺いしてきました。
 
 こんにちは、頼りになるガス屋さんの店長の魚住です。

 お伺いしたところ電源入れてもすぐ消えるので、新しいテレビに交換することになりまして、取引先のヤマダ電機さんの在庫確認をしてあるものから選んでいただき交換設置をしてきました。

テレビの交換設置をしてきました。

テレビの交換設置をしてきました。

 急に家電製品壊れても、ヤマダ電機さんに在庫があればいつでも対応はできます。

 今回のお客様の交換前のテレビは僕ところでは購入されていなかったのですが、僕ところで電気製品も扱っていることを知っておいてもらったおかげで、急な対応だったのですがお客様の今日のクライマックスシリーズの大谷投手を見たいという望みをかなえることができたのかな?
 昨日投げてた大谷投手が今日も投げると言ってたけど、本当なのかな?
 でも、それを楽しみにしていたので、今日も大谷投手が投げているところを見れたのならそれは嬉しい話です。
 
 さて、朝一番のお困りごとのお電話は高齢者のお客様からでした。 

 水栓の先(吐水口)が外れたのやけど、ウオズミさんところでも見てもらえるのかな?
 ガスのお客様からのご依頼でした。
 行くと、写真のように水栓の先(吐水口)の部分が外れていました。

水栓の修理

水栓の修理

 以前、外れた時はご自分で直されたそうですが、今回はなかなかうまく入らないもので相談をされたそうです。
 ちょっとしたお困りごとをお願いしていただくのは嬉しい話です。
  
 水栓の交換をすることもありますので、吐水口をつなげるのは慣れていますのですぐ終わりました。

水栓の修理が終わったところです。

水栓の修理が終わったところです。

 ちょっとしたことなのですが、歳をとるにつれて難しくなってくるのかもしれません。

 水栓の修理が終わると、今度は洗面所の照明器具の蛍光灯の交換もみてほしいとの話。

蛍光灯の交換

蛍光灯の交換

 蛍光灯がチカチカしていましたので、蛍光灯の交換をしました。
img_8050.jpg
 30年間、交換したことがなかったそうですが以前より明るくなったと喜んでいただきよかったです。
img_8051.jpg
 これからも、何かあれば頼みますねという嬉しいお言葉をいただきました。

 高齢化社会になり、困られている高齢者の方が増えています。
 僕ところのガスのお客様には、こうしたことをしていますよということをニュースレターや同封のチラシにできることを入れていますので、声をかけてくれる人が少しづつ増えています。
 ありがたい話です。
 小さなことからコツコツと(笑)
 できないことであれば、知っている職人さんを紹介させていただいています。
 その方が、任せて安心。
 僕が知っている・紹介する=お客様も任せて安心。

 何か困りごとがあればウオズミへ。
 

 

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする