新設エアコンの穴空けは紙一重でした~三菱電機エアコンMSZ-GV2816(W)の新規設置編。

 暖房でエアコンを使いたいお客様のリビングに三菱電機エアコンMSZ-GV2816の設置工事をしてきました。
 
 こんにちは、頼りになるガス屋さんの店長の魚住です。

 本当は、ガスファンヒーターの方が電気エアコンより暖かいので設置をしてほしかったのですが、ガスのコックを取れそうな場所がなかったので残念ながら電気エアコンの暖房を使うことになりました。
 

足もとが暖かいガスファンヒーター

足もとが暖かいガスファンヒーター

 暖かさは、底冷えした時に全く違うので寒がり屋の方にはよかったのですけど。

 今回は新設ということで穴あけをしないといけませんでした。
 コンセントは、以前リフォームされた時にいづれエアコンをつけるかもしれないということであらかじめ壁に設置せれていました。

エアコン設置前

エアコン設置前

 エアコン用の穴開ける時は、縦桟や横引きの木を避けたりと見えない部分に気をつけないといけません。
 壁裏センサーを使用して慎重に穴あける場所をさがしました。
 そして、穴開けた場所はほんとギリギリのせんで空けれたのかなと思います。
 〇印のところに下は横引きの窓枠用の大きな木がありましたし、左側には縦桟がいたりとほんと紙一重の穴あけでしたね。
 やばかった。
エアコン用の穴あけ(部屋側)

エアコン用の穴あけ(部屋側)

 外側の穴の位置もお湯の配管も走っていたので、ギリギリのいいところに空けれたのかな?
 慎重に寸法を測れたおかげです。
 ん~、いい感じ。
エアコンの穴あけ(外側)

エアコンの穴あけ(外側)

 エアコンの室内機の取付板と配管の貫通スリーブを取付けたところです。
 この取付板をしっかり留めておかないとエアコンが落ちる可能性があるのかな。
エアコン室内機取付板を取付けたところ

エアコン室内機取付板を取付けたところ

 最後にエアコン室内機を取付て完了ではなく、あと配管パイプを室外機と取付て真空引きをして完了です。
 途中の写真は撮り忘れたので、試運転中の写真でご勘弁を(笑)
エアコン設置完了して試運転中

エアコン設置完了して試運転中

 これで、とりあえずは冬の暖は取れると思います。
  
 今回は暖房のことを考えてワンランク上の能力のあるエアコンを取り付けています。
 何故かと言います部屋が吹き抜け状態なところですので暖かい空気が上に逃げることを考慮してのことです。
 できたらカーテンみたいなものでもいいので仕切りをつけていただくようにお願いしておきました。
 底冷えした時は、エアコンだけでは寒いかもしれないというのが気がかりではあります。
 その時は、電気ストーブか石油ファンヒーターでも使ってもらうしかないのかな?

 この冬、暖かく過ごせますように。

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする