エアコンの臭いをなくすにはエアコンを分解してきれいにするしかありません。

長年エアコンを使用していますと、設置されている環境によってはエアコンから出てくる風が臭ってきます。

臭いの原因は、エアコン内部に付着したカビ・ホコリなどです。

カビやホコリを吸い続けますと、気管支や肺をいためて風邪を引いてしまう場合もあります。

汚い空気ですので、当たり前ですよね。

ではにおいの原因であるカビ・ホコリを取るためにはどうすればいいかといいますと、エアコンを分解してクリーニングをするしかありません。

エアコンクリーニングと言ってもいろいろとあります。

  1. ホームセンターで販売されているスプレータイプで熱交換器に吹き付ける。
  2. 壁掛けをしたまま養生して高圧洗浄機でクリーニングをする。
  3. エアコン一旦外して、分解をしてクリーニングをする。

大体、上記の3つが一般的に知られているエアコンクリーニングですね。

当店では、安全性を考えて3.エアコンを一旦外して、分解をしてクリーニングをするを採用しています。

エアコンを分解してクリーニングする理由

  1. ファンを回しているモーターをいためたくない。
  2. 基盤をいためたくない。
  3. 臭いの原因でもある、ファン、本体、ドレンパンを徹底的にきれいにしたい。
  4. 熱交換器の裏側もきれいにして、熱効率をあげたい。
  5. リビングや洋室であれば壁紙、和室であれば土壁を洗剤で汚したくない。

逆を言いますと、安易なエアコンスプレーによるエアコンクリーニングや壁掛けをした状態のエアコンクリーニングでは、モーターや基盤をいためる可能性もありますし、臭いは取り切れないということにもなります。

そうした話の中、今回ご依頼をいただきましたお客様からは臭いが気になるということもありまして、当店をネットで検索をされてみつけていただきました。

分解クリーニングをしていきましょう

まずはエアコンをバラバラにすることですね。

エアコン分解クリーニング 

分解クリーニングですから、当たり前ですよね。

分解のコツは・・・・・内緒です(笑)

ヒント:各部品を止めてあるものは何でしょう?

さて、エアコンから出てくるニオイの大元ですが、それは風を送り出すファンです。

左がクリーニング前、右がクリーニング後です。
エアコン分解クリーニング 

汚れが取れているのが一目瞭然でわかるかと思います。

これだけの汚れでも、臭いは出てくるのです。

他にも臭いの原因はあります。

本体もそうですが、熱交換器から出てくる水滴を受けるドレンパンと言われる場所です。

上がクリーニング前、下がクリーニング後です。

エアコン分解クリーニング 

上みていただければわかりますが、水垢とカビで汚れていますよね。

ここもきれいにしておかないと、臭いますね。

分解しないといきれいにできない場所ですよね。

そして次は冷媒が通る熱交換器。

上がクリーニング前、下がクリーニング後です。

エアコン分解クリーニング 

汚れがが落ちているのがわかりますね。

ホコリや今回はタバコのヤニも付着していましたが、高圧洗浄機で洗い落としました。

そして、熱交換器裏側。

ここもまあま汚れていました。

エアコン分解クリーニング 

汚れている部分ですが、壁掛けのエアコンクリーングでする高圧洗浄機では見落としがちな場所です。

外しているから、表裏ともにきれいにできているんですね。

他にも臭いの原因となる場所はありますが、丁寧にクリーニングすることにより臭いはほとんどなくなります。

でも、使い続ける以上はどうしてもカビや臭いは発生しますので、気になりだしたら再度クリーニングをすればいいかと思います。

基本ガス屋ですが、エアコンの取付~取外し、エアコンクリーニングもしています(笑)

壁掛けエアコンのことならお任せあれ。

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする