全然風のにおいが違います。

 ダイキンの2006年製のエアコンのクリーニングをして取付をしてきました。

 ご依頼理由は、エアコンの風が臭いということでした。
 以前、壁掛けクリーニングをお願いしてクリーニングをしてもらったそうですが、数日したらくさい風になったそうです。
 壁掛けエアコンクリーニングの場合、見える範囲でしかきれいにできないのでどうしても取り残しができてしまいます。

 お客様も見える範囲、できる範囲ではきれいにされていました。
 でも、どうしても取り切れないところって出てくるんですよね。

 そういったこともありまして、エアコンを分解してクリーニングしてくれる僕ところに依頼がきたみたいですね。

 いつ壁掛けエアコンクリーニングをされたのかわかりませんが、熱交換器も汚れていましたね。 

 きれいになった熱交換器の写真や本体みて、きれさの違いがすぐわかっていただけました。

 
 次にエアコンの本体ですが、手の届く範囲は確かにきれいなのですが届かない範囲はかなり汚れていましたね。

 壁掛けエアコンクリーニングでもおそらく汚れがとれていなかったのだと思います。

 前側のドレンパンの部分も汚れが凄いかったです。

 でも、分解して高圧洗浄で洗剤洗いをすればきれいさっぱりしましたね。

 ドレンパンのところもきれいになり、まさにスッキリですね。

 
 風を送るファンは、手が届くということでご自分で手入れされてたみたいでしたのできれかったですね。

 あまり変わってない感じです。

エアコンの試運転をして、出てくる風のにおいをかいでもらったら、全然風のにおいが違うと喜んでもらえました。

 今回のエアコンクリーニングで、あと何年クリーニングをしなくていいのか聞かれましたが、使用状況によって違うので何とも言えません。

 その前に、10年選手のエアコンですので故障する可能性もありますので、次は買い替え時かもしれませんね。

 10年過ぎたエアコンのクリーニングはしていませんので、できる限り長持ちをさせてくださいね。

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする