コンロの炎が赤い時はガス屋さんに連絡しましょう。

 こんにちは、頼りになるガス屋さんの店長魚住です。

 今日はガスコンロの炎について少しお話を。
 
 鍋やフライパンの鍋底といっても炎が当たる側の鍋底が焦付くことがたまにあります。
 写真のように炎が変な赤さになっている時です。

この赤い炎は要注意

この赤い炎は要注意

 原因は、不完全燃焼をしているためです。
 簡単に書きますと、きれいな炎が出るためにはガスと空気の出るバランスがきちんとされていないときれいな炎になりません。
 今回のような場合は、何らかの原因でガスの出る量が少ないため赤い炎が出てるのかな。
 そういった場合、ガスと空気のバランスが悪いので不完全燃焼を起こしてしまい鍋底を焦げさしてしまうケースがあります。

 そうなる原因は、ガスが流れている場所に原因があります。
 写真の真ん中部分のノズルと言われる場所かバーナーの先端のガスが流れている場所に、よくあるケースとしてはクモが巣を張っていることが多いのかな?

ガスを出すノズルとバーナーを掃除

ガスを出すノズルとバーナーを掃除

 そういった場合、一旦バーナーを取り外して、クモの巣を針金などでつついて取り除いてあげます。
 危険ですので、ご自分でされずに必ずプロのガス屋さんに連絡をしてくださいね。

 掃除をしてもらいますと、ガスの流れがよくなりきれいな炎がでてくるようになります。

きれいな炎の状態です。

きれいな炎の状態です。

 今日、ご依頼頂いたお客様もそういったことが原因でしたので掃除をしました。

 ガスコンロの修理はプロのガス屋さんにまかせましょう。

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする