ガスボンベの配送を自分のお店でしていると仕事の依頼をいただくことがあります。

 こんにちは、頼りになるガス屋さんの店長の魚住です。

 今日は、天気のよかった午前中ガスボンベの配送をしていました。
 先週、iphoneのガラスが割れて自撮りするとレンズの焦点がぼやけるのかかすむのかこんな感じの写真になりました(>_<)
 さてiphoneの画面が割れた話はおいといて、ガスボンベの配送していますとお客様から頼まれごとの依頼がありました。
 
 頼まれごとの内容は、玄関のチャイムが故障して鳴らないので交換をしてほしいとの話でした。
 ガス屋さんにチャイムの交換?と思われるかもしれませんが電気製品も販売していますので、こういった依頼をいただくこともあります。
 
 ちなみに交換をする予定のチャイムは玄関と家の中のメロディサインです。


 自分ところでガスボンベの配送をするとこういったことがたまにあります。

 こういったことを考えますと、自社配送っていいことが多いかなと思います。
 夏は、お茶やジュース、リポビタンDをいただいたり(笑)

 また、お客様って困っているときに電話しようかどうか迷っている人もいますので、そんな時に「こんにちは、魚住です。ガスボンベの交換に来ました」って挨拶すると、顔出してくれたり頼み事をしてくれる場合もあります。

 ガスボンベの配送=営業の入り口と考えて自社配送をしていくとお客様との接点も増えてくるのかなと思います。

 その前に、自分ところで何ができるかというのもお客様に知っておいてもらうように、毎月ニュースレターを配布することも大事かなと思います。

 

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする