石油ボイラーからガス給湯器への交換工事

こんにちは、愛媛県松山市の頼りになるガス屋さんの店長の魚住泰三(@teamuosan3908)です。

 今回は土砂災害に遭われたお客様の石油ボイラーからのガス給湯器への交換の記事です。    以前から石油ボイラー壊れたら、ガス給湯器にするよと言われていましたお客様。  今回の被害で交換することになりました。

 石油ボイラーは地面に直接置く据置タイプが多いため、水害時に水が入ったりすると故障してしまう可能性が高いです。

 あ、今回は土砂水でしたので全面を開けると、泥の塊が10cmくらい体積されていました。

 これだけの泥が体積したということは、かなりの泥水が浸入してたのかな?
 基板などもやられています。

 ということで、壁掛けタイプのガス給湯器に交換しました。

 想定外のこととは言え、1m以上の高さにつけると水害あっても問題はないかと思います。

 給湯専用のガス給湯器は石油ボイラーに比べて非常にコンパクトですが、お湯の勢いはあります。

 お湯の勢いがある理由は、石油ボイラーやエコキュート、電気温水器は一旦水道水を減圧弁をつけて減圧していますので本来の水の勢いでは利用できませんが、ガス給湯器は減圧弁をつけなくても火力が強いため直圧の水道水を使用してもお湯を作ることができますのでお湯に勢いがあるのです。

 そのため石油ボイラーから、ガス給湯器に交換された時によくお湯の勢いがよすぎてビックリされるお客様がいます。

 交換工事ですと、1日もあれば十分できます。  

<<有限会社 ウオズミのご案内>>

・プロパンガス

・ガス器具

・ガス工事

・電気製品

・エアコンクリーニング のことなら

〒791-8081

愛媛県松山市高浜町5丁目1572

有限会社 ウオズミ

電話番号:089-951-2053

店長 魚住まで

お問い合わせフォームはコチラ⇒お問い合わせ

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする