揚げ物を上手に揚げたい奥様に使ってほしいガスコンロに交換してきました。

10年以上ご使用されていましたシステムキッチン対応のガスコンロの交換作業をしてきました。

料理をよくされていることもあり天板がかなり汚れていました。

長い間よく頑張ってくれました。
gaskonro201501212-1024x743
今回は、掃除がしやすいガラス天板タイプのガスコンロに交換をさせていただきました。
ゴトクをはずすと簡単に掃除ができます。
gaskonro201501211-1024x717
奥様に新しいガスコンロの機能を説明していまして気にいっていただいた機能がありました。

それは、温度調整機能です。
140度~200度まで10度単位で鍋の温度を調整できます。
今まで揚げ物を強い火力でされることが多かったみたいなのですが、外はコゲるように揚がっても中はまだできていないことが多かったそうです。
こういった失敗というか、うまく揚げ物が揚げれないと苦手な奥様が多いのではないかなと思います。
でも、もうそんな心配はいりません。
最新のガスコンロでは、先程書きました温度調整機能を利用しまして、揚げ物に一番適した温度と言われています180度に温度設定をしておけば、ガスコンロ自体が火加減を調整しながらしてくれます。

img_convenience01

 こんな感じでカラッと美味しそうな天ぷらも揚げることができます。

 私ところでも、温度調整機能を使用して子供達が大好きな「から揚げ」や「フライドポテト」「コロッケ」「トンカツ」などを揚げています。
ガスコンロで揚げ物を揚げると、鍋全体を温めていますのでIHコンロに比べて冷たいものを入れても設定した温度まで上がる時間が短いので、それだけ油内で食べ物を揚げている時間が短くなりますのでカラッと揚がってくれます。
食べ比べると一目瞭然ですね。

それと、天ぷら火災が気になるかと思いますが、温度センサーで鍋底の温度を直に測っていますので例えば180度に設定すれば、油の自然発火となる温度まで揚がることはないので天ぷら火災を防ぐこともできます。
最新のガスコンロはここまで安全性に優れてきています。
最新のガスコンロには、全て温度センサーがついていますので、ガスコンロで一番事故の多かった天ぷら火災による自然発火での事故はなくなってきています。
img_safety_01

赤丸の部分が温度センサーです。

  お料理の腕をワンランク揚げたい奥様にはお勧めしたい最新のガスコンロですね。

The following two tabs change content below.
魚住 泰三
1964年愛媛県松山市生まれ。 プロパンガス屋の店長ですが、プロパンガスのことだけにとどまらず、お客様のお家の小さなお困りごとからリフォームまでいろいろなことを頼まれています。 お家の困ったことがあれば、いつでもご相談ください。
ツイッターしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする